「豊田町の家」 模型・スケッチ


「豊田町の家」のインテリアを検討するため、

スケッチと内観模型を作成しました。

 

スケッチや模型は時間もかかりますが、

図面だけではわからない、多くのことに気づくこともあり、

大切にしています。

 

図面 → 模型・スケッチ → 図面 という作業を繰り返しながら、

少しずつ修整や検討を重ね、より上質な室内空間を目指します。

 

その際、模型やスケッチ中に、

家具や薪ストーブなどを置くことで、

全体のインテリアの雰囲気やボリュームも、つかみやすくなります。

 

また、打ち合わせの際には、

図面・模型・スケッチをあわせてみていただくことで、

完成のイメージもグッと伝わりやすくなりました。

 

詳細は後日、WORKSにUPしますので、よろしければご覧ください。

内観模型。手前にあるのは薪ストーブ。

スケッチの様子。スケッチを進めながら、図面を調整します。

内観スケッチ