『高床式の家』材料検査


『高床式の家』の材料検査に、行ってきました。

 

こちらの建物は、もともと小学校の体育館だったそうで、

天井には、木組みのトラスが高密に配置されています。

雪国らしい重厚で、ダイナミックな建築は、まさに圧巻です。

 

木材の材料検査では、

樹種や使用箇所の確認、含水量などの測定を行い、

品質も併せて確認します。

 

材料検査の後には、基礎の金物検査も行いました。

監理が行き届いた丁寧な現場に、

職人さんも気持ちの良い方たちばかりで、

ますます完成が楽しみになりました。

 

稲刈りが終わり、里山の風景も秋の装いに変わり始めています。

来月はいよいよ上棟です。

上越市の川住材木店さんに、良材を揃えていただきました。 


大工さんと相談しながら、

化粧柱の配置を決めます。

含水量の測定も行います。

玄関の造作材とデッキ材

基礎工事の様子

アンカーボルトが適切に設置されているか確認します。

基礎幅のチェックも

行います。