小春日和


暖かな秋晴れ、『高床式の家』の監理に、上越に行ってきました。

 

現場は順調に進み、外部周りの仕事へ進んでいました。

 

建築業界も高齢化が進んでいるといわれていますが、

現場には、20代の若い職人さんの姿が多く見受けられ、

活気のある現場でした。

 

電気や水道関係の配線、配管工事も中盤に差し掛かり、

工事は次の段階に移ろうとしています。

 

大きく張り出した屋根が、美しく、足場が取れるのが楽しみです。

ガラス取り付けの様子


水田からの外観

屋根の上から見る春日山城跡

軒裏と外壁

ピロティの設備配管

ピロティの倉庫部分

リビング