狸谷山不動院


京都市内にある「狸谷山不動院」に、お礼参りに行ってきました。

 

山の中にある本堂の奥には洞窟があり、

もともと洞窟の岩肌部分に、不動明王像を安置したのが始まりだとか、、。

 

その後、その洞窟を覆うように、お堂が建てられた珍しいお寺です。

 

ご本尊の咤怒鬼(たぬき)不動明王は、

その名のとおり、直視するのがためらうほどの眼力で、

えもいわれぬパワーを感じます。

 

古くから修験道の寺院として知られているだけに、

本堂までの道はハードですが、どこか不思議な空気感のあるお寺でした。 

 


山から迫り出すように建てられた「懸崖造り」(かけづくり)の本堂は、

木組みの上にたっています。「舞台造り」とも呼ばれ、清水寺の舞台と同じ作りになっている。


250段の石段の始まりには、たくさんの狸の置物が出迎えてくれる

石段を登り始めると、鳥居が続き、白龍弁財天さまが祀られています

本堂からは山の間から京都市内が一望できる

山頂まで約550m参道には、杉や桧が生い茂る